極黒のブリュンヒルデ(6)

ここでは、「極黒のブリュンヒルデ(6)」 に関する記事を紹介しています。

極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)極黒のブリュンヒルデ 6 (ヤングジャンプコミックス)
岡本 倫
集英社 2013-09-19

by G-Tools
 あいかわらず村上の超人っぷりがすげえ。未来に干渉することまでできる100%の予知よりもこいつの方がよっぽど能力者だろ……などと思っていたらさらにとんでもない魔女が。こんなやつマジでどうするんだ。困難を乗り越えたと思ったらさらに無理ゲーな困難を出して読者の関心を集めるというのは基本だけど、ほんとこの作品はよくできてるわ。続きがすごく気になる。

(以下ネタバレ)
















(ネタバレ開始)

 研究所の兄ちゃんの処遇に関しては「だよねー」というしかないわ。しかしさっさと始末すればいいだろうに、半端にたいした処遇ではないと見せかけてやっぱり殺すというのが残酷。だからといって同情はできない……と言いたいところだけど、土屋みたいにいきなり連れてこられて従事することになったのだとすればけっこう悲惨だよな。早い段階で逆らったところでやはり殺されるだけだろうし。鎮死剤をもう手に入れているというのはどういうことだろう。実は鎮死剤は魔女の脳だとか心臓だとかが材料ですってことじゃないだろうなと怖い。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3152-9aba01d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック