パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から

ここでは、「パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から」 に関する記事を紹介しています。

パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から (幻冬舎文庫)
似鳥 鶏 森川 聡子
幻冬舎 2013-09-04

by G-Tools

警察を突然辞めた惣司智は兄の季が継いだ喫茶店でパティシエとして働き始めた。鋭敏な推理力をもつ智の知恵を借りたい県警本部は秘書室の直ちゃんを送り込み難解な殺人事件ばかり相談させている。弟をお菓子作りに専念させたい兄は、なくなく捜査の手伝いを。人の好い兄の困り果てた事態を見かねた弟は、しぶしぶ事件解決に乗り出す羽目に……。
 あいかわらずこの作者の作品は日常系っぽい見せかけに反して、がっつり警察が関わってくるような重大な事件ものだなあ。今回収録されている四編とも殺人事件だし。というか同じ作者の『戦力外捜査官』と似た部分もあったけど、ひょっとして一部の登場人物は共通しているのかな。直ちゃんの上司の本部長とか。

 で、地道な聞き込みやら現場の捜査やらもあってそのへんは退屈に感じられて苦手なんだけど、後味の悪い事件解決の中にも一抹の救いがあったりしてなんだかんだで楽しめた。やはりこんなふうに救いがあると読んでいる側としてもほっと安心できていいわ。それでもかなり苦味が強めだけどね。苦いのが好みに合わない人は要注意。

 パティシエのお仕事ものとしてはそれほど掘り下げが深くなく、事件の最後に一品お菓子のうんちくが出てくるのが特徴ってぐらいで、このへんはもうちょっとパティシエものとしての成分を増量してほしかったな。捜査・聞き込みパートを削って。まあもともと作者本人がパティシエについて詳しいわけでもなく、お菓子についても普通に資料を調べて書いたってぐらいだから、ほんの味付けになってしまうのもしかたないのだろうけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3129-2e94fed0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック