“花散里” ヒカルが地球にいたころ…… (8)

ここでは、「“花散里” ヒカルが地球にいたころ…… (8)」 に関する記事を紹介しています。

“花散里“花散里" ヒカルが地球にいたころ……(8) (ファミ通文庫)
野村美月 竹岡美穂
エンターブレイン 2013-08-30

by G-Tools
 あとがきであと二冊で完結とあって驚いた。考えてみれば6巻の“朝顔”で折り返し始めなんだからもうそんなになるのか。たしかにそろそろクライマックス間近らしく話の本筋は話が詰まってきているのだけど、他の細かい枝葉の部分はもうこれ以上掘り下げないのだろうか。近江とか薄荷さんとかを掘り下げるエピソードもあるだろうと思っていたのだけど、あと二巻となるとそんな余裕もなさそうだし。あと、こるりがあの後どうなったのか描かれなかったのも何かのフラグなんだろうか。

(以下ネタバレ)
















(ネタバレ)

次で夕雨が戻ってくるのに合わせてまさかの頭条×夕雨フラグ? もしくは東条×紫織子のカタブツ×ロリフラグ? まあ普通に考えれどそんな展開にしたら一部の層からすごいブーイングが出そうだからやめておいた方が無難だろうけど。

 個人的には朝ちゃんや月夜子先輩の年長組がお気に入りなんだけど(実際は葵も年長のはずだが、あまり年長者というイメージじゃない)、月夜子先輩は最初から一線引いてしまっている感じだし、朝ちゃんは参戦したのが遅すぎたからメインになれないのもしかたないか。この作品が最終的にどういう終わり方を迎える予定なのかはわからないけど、最後が「おれたちの恋はまだこれからだ!」エンドだったら朝ちゃんにもワンチャンあるかな。そんな終わり方だと初期から是光を支え続け、早い段階で「好きだ」と告白した帆夏が気の毒だが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3121-7aafccfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック