Fate/Apocrypha vol.2

ここでは、「Fate/Apocrypha vol.2」 に関する記事を紹介しています。

Fate/Apocrypha vol.2Fate/Apocrypha vol.2
有限会社ノーツ(TYPE-MOON)

by G-Tools
 どうもサーヴァントの一人一人の個性が弱い印象。SNやZeroではもっと強烈な印象があったと思うのだけど、こっちはやはり14+1もいるせいか、一人一人の掘り下げや見せ方の演出が足りない感じ。とはいえ、全サーヴァントが出そろって、赤と黒の全面対決があって、ハデなバトルがあって、話の方も大きな動きがあってと、なんだかんだで面白かったわけだが。

 ジャンヌは意外とへっぽこな感じでイメージと違った。まあ娯楽作品としてはこういう愛すべき欠点がある方がウケがいいのだろうけど、審判役というには特定の人物に肩入れし過ぎな気が。

(以下ネタバレ)
















(ネタバレ開始)

 変身時間は180秒=3分間、胸元にはピコピコ点滅するカラー○イマーならぬ竜の心臓、必殺技としてス○シ○ム光線、じゃなくてバルムンク……すなわちジークはウ○ト○マンならぬジークフリートマンですねわかります。

 今回の中ではカウレスとフランケンシュタインがお気に入り。カウレスは魔術師としてたいしたことないというわりには要所要所での行動は適切で優秀だったし、フランケンシュタインはバーサーカーというぶっそうなサーヴァントのわりには意外と可愛いやつだったし、その二人の関係性も良かった。

 シロウの正体は夢の描写でだいたい予想がついたけど、引っぱらずにあっさり明かしたな。SNの士郎と似た感じなのは単なるミスリードか。まあこれはこれでいいのだけど、皮肉な運命で言峰の養子になったパラレルワールド版士郎だったとか、もっといえば言峰の養子になったパラレルワールド版士郎が英霊化し受肉したパラレルワールド版エミヤでしたなんて展開も見てみたかった気が。まあ、そこまでいくとなんでもありになってしまうけどさ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/3101-0d34c0a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック