この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY

ここでは、「この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY」 に関する記事を紹介しています。

この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY 【本編同梱パック】
この大空に、翼をひろげて FLIGHT DIARY 【本編同梱パック】

 あいだに『グリザイア』をはさんだり、リアルが忙しかったりで、本編が終わってからかなり時間がたってしまったけど、ファンディスク『FLIGHT DIARY』終了。

 やはり一番のお気に入りは「ソアリング部アフター」。これが一番読みごたえがあって良かったと思う。自分は小鳥が一押しヒロインだからなおさらそんなふうに感じるのかもしれないが、単にヒロインとの関係のみでなく「ソアリング部」全体のアフターを描き、一番青春していたかと。

 次点か同点一位で「ソアリング部ビフォア」。天音ルートアフターになるわけだけど、こちらもやはりその後が気になるルートだったのでこうして見れて満足。あんちゃんの恋模様が微笑ましいですな。

 逆に風戸姉妹やあげはが一押しというファンにはちょっとつらいかな。あげはは「アナーザーストーリー:姫城姉妹編」が時間軸的にはあげはアフターにあたるのだろうけど、タイトルからわかるとおり姉妹丼Hのためのショートエピソードといった感じで、正規のアフターエピソードというよりは実質的にはパラレルワールド扱いみたいなものだろうし、シナリオ的な中身はほとんどないし。

 風戸姉妹の「アフターストーリー風戸姉妹編」も似たような話で、ふたりセット扱いで個別のルートがないのだけど(まあ本編からしてそんなだったが)、こちらはどうということのない夏の一日を切り取った感じで趣があって意外と悪くなかった。

「if:時雨 佳奈子 の場合」「if:姫城ほたるの場合」はちょっとおまけ的なシナリオがあって一発Hしたら終了程度のものかと思っていたら、さすがに本編個別ルート並みとまではいかないまでもけっこうボリュームがあるし、内容もしっかりしていて良かった。ただ、贅沢を言うなら「if:雲居 朱莉 の場合」がほしかったな。朱莉ルートを作ろうとするとマー防と修羅場展開になりかねないからまずかったのだろうか。

 本編、ファンディスクとも、こうしてプレイできて良かったと心から言える素晴らしい内容だった。大満足。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2983-84683b77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック