とある飛空士への誓約1

ここでは、「とある飛空士への誓約1」 に関する記事を紹介しています。

とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)とある飛空士への誓約 1 (ガガガ文庫)
犬村 小六
小学館 2012-09-19

by G-Tools

四千もの島嶼が大瀑布を挟んで存在する「多島海」。ハイデラバード連合共同体、セントヴォルト帝国、秋津連邦、三つの大国が覇権を争うこの海を、七人の少年少女の操縦する大型飛空艇が親善飛行していた。いずれもその突出した才を認められた士官候補生たちだったが、「空の一族」の強襲に、名も知れぬ島への不時着を余儀なくされる。脱出のために協力する七人。しかしそこには裏切り者が潜んでいて――。空戦ファンタジーの金字塔! 「飛空士」新シリーズ、史上空前の規模でついに始動!! 七人の主人公が織りなす、恋と空戦の物語。
 また飛空士シリーズか、いくら人気があるとはいえだらだら続け過ぎじゃね? ……などと読む前は思っていたけど、読んでみたら濃密な空戦描写あり、恋の予感あり、そして悲劇の予感ありでとても面白くて今から続きが楽しみになった。シリーズ最長になるそうだけど、ということは『恋歌』が全五巻だったから少なくとも五巻以上ということか。主人公メンバーは七人で今回の表紙はそのうちの一人のイリアだから、七巻以上になればとりあえず全員一度は表紙を担当することになるな。

(以下ネタバレ)













(ネタバレ開始)

 ハチドリさんの技術は超人的過ぎる気が。一流の操縦士でも至難の夜間着水を自分が直接操縦するわけでもないのに上手くフォローして成功させるとは。これが将来敵になるかと思うと恐ろしいな。

 イリアは意外とあっさり清顕にホレてしまったのが残念。不時着した島の現地人から助けてもらったこと、親の因縁がらみで多少話をしたこと、協力して操縦したことといったぐらいで、そんな急にホレるほどたいそうな交流があったようには思えないわけだが。まあ無菌培養状態だったようだから異性に対して免疫がないというのもあるし、命の危険にさらされた男女は惹かれあいやすいという吊り橋効果のせいなんかもあるのかもしれないと納得できなくもないけど、どうせ長いシリーズになるというならもっとじっくり気持ちの移り変わりを描いても良かったと思うのだけどな。

 ミオはヤキモチ焼きがひどくて少々めんどくさい印象。しかし今からなんと濃厚な敗北フラグ。幼なじみはまたしても敗北するのか。でもミオと子どものころにかわした誓約も世界を変えることになるそうだから、まだまだわからないのかな?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2657-5a5d7e40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック