へうげもの 五服

ここでは、「へうげもの 五服」 に関する記事を紹介しています。

へうげもの 五服 (講談社文庫)へうげもの 五服 (講談社文庫)
山田 芳裕
講談社 2011-06-15

by G-Tools
 家康が「江戸」の構想を膨らませるあたりは時代の流れを感じさせる。

(以下ネタバレ)












(ネタバレ開始)

 利休は憑きものが落ち、宗二も視野が広がって事態は好転したかと思ったらこの展開とは。持ちあげて落とすのが王道とはいえ何ともむごい展開だこと。ついに古田と接触した伊達の今後果たす役割はどういうものだろう。忍城の一件で光成が古田にさとされるのは光成の態度軟化の伏線? 古田は数奇に関しての言動はアレだけど、それ以外ではずいぶんまともで優秀だよな。交渉能力もやたらと高いし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2656-8064ebef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック