“末摘花” ヒカルが地球にいたころ…… (5)

ここでは、「“末摘花” ヒカルが地球にいたころ…… (5)」 に関する記事を紹介しています。

“末摘花“末摘花" ヒカルが地球にいたころ……(5) (ファミ通文庫)
野村美月 竹岡美穂
エンターブレイン 2012-08-30

by G-Tools

夏休み。帆夏とプールにいくはずが、何故か紫織子同伴になり、張り合う二人に振り回される是光。一方で、ヒカルの次の“心残り”を晴らすため動き始めるが、「今度の女は、どこのどいつだ」「それが、弱ったことに、ぼくにもわからないんだ」――名も顔も知らない少女を見つけることが“約束”だと言うヒカルに唖然とすることに。ブログの記事を唯一のヒントに、約束の喫茶店を訪れてはみたものの、なんとその店では葵がバイト中で!? 大人気学園ロマンス第5巻!!
 今までは当番ヒロインと接触してその子と関わり合いになっていくという話の流れだったのに対し、今回は当番ヒロインの“末摘花”を見つけだすことが話の主題だからそのぶん今までの他のヒロインたちとのやりとりが多かった印象で、次々に出てくる新しいヒロインたちとの交流もいいけど、今までのヒロインたちとのつきあいももっと見てみたいと思っていた自分には嬉しい巻だった。次巻のヒロインはついにあの人物ということでどうなるか楽しみ。

(以下ネタバレ)













(ネタバレ開始)

“末摘花”はなんだかやたらと“鼻”を強調するから、ひょっとして実は人間じゃなくて犬でしたとかそんな叙述トリックオチかと思った。まあさすがにそれは無理があり過ぎると思ったし、実際そんなオチではなかったが。

 てっきり元ネタの源氏物語では“末摘花”はそんな美人じゃないという設定だけど、こちらでは普通に可愛いってオチなんだろ? と思っていたら、こちらでも見ようによっては可愛いと思えなくもないというぐらいの容姿だったのは意外。しかしそんな相手でもしっかり美点を見出せるヒカルはマジ漢やで。元ネタの光源氏だって“末摘花”にはあまりいい態度ではなかったのに(それでもしっかり面倒を見ているだけまだマシだが)。

 いくつか条件が重なるのでひょっとしたら委員長が“末摘花”でしたというオチかとも思ったが、“末摘花”の境遇をより理解しやすくするために配置されていたのね。しかしそれがこんな展開につながりそうになるとは……。式部さんの恋は実に多難ですなぁ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2620-45c076df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック