ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件

ここでは、「ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件」 に関する記事を紹介しています。

ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (ファミ通文庫)ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師様な件 (ファミ通文庫)
野村 美月 karory
エンターブレイン 2012-02-29

by G-Tools

『グリンダ・ドイルを廃業する』そんな言葉を残して、“万能の天才”グリンダは、同盟国への派遣を目前に失踪した。このままでは国際問題に――というわけで身代わりとして白羽の矢が立ったのが、グリンダの双子の弟、つまりこの僕、シャールだった。いや無理! 僕男だし! 天才の姉と違ってニート予備軍の浪人生なのに! 抵抗も虚しく女装させられ、同盟国の王様一家の家庭教師をやることに……!? ファンタジー家庭教師コメディ待望の文庫化!
『ヒカル~』が露骨に『“文学少女”』の流れを受け継いだ作風であるのに対し、こちらは『“文学少女”』以前のこの作者の作風に近いドタバタコメディといった感じになるのかな。もっとも個人的には『“文学少女”』以前のこの作者の作品といえば『Bad! Daddy』の一、二巻ぐらいしか読んだことないが。登場人物たちの口調がやや子どもっぽく、やたらと「だよ~~~~~」といったふうに語尾を伸ばすことが多いのはどうかという気がしたが、そのへんはそういうもんだと割り切ってしまえば可愛いイラストの力もあってなんだかんだで楽しめた。それにゆるい作風だから安心して読んでいられるというのもあるか。この一巻で立った様々なフラグが次巻以降どういうラブコメ的な動きをもたらすか期待。

(以下ネタバレ)













(ネタバレ開始)

 子守歌の竜が守る七つの扉とやらはあきらかに国王の子どもたちのことを指しているのだろうけど、どういう意味があるのだろう? それに王妃は現代日本からやってきたっぽいけど、この設定は何を意味しているのだろう? まあそのへんはこのシリーズが売れて最後まで書き切ることができたらわかる伏線かね。今のところ放置して終わらせても問題ないような扱いでしかないし。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2350-c9fc0e21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック