ボンクラーズ、ドントクライ

ここでは、「ボンクラーズ、ドントクライ」 に関する記事を紹介しています。

ボンクラーズ、ドントクライ (ガガガ文庫)ボンクラーズ、ドントクライ (ガガガ文庫)
大樹 連司 白味噌
小学館 2012-01-18

by G-Tools

あの頃の僕らは、恋がどんなものかも知らなかった――。ネットもケータイもまだ馴染みがなかった1999年、とある片田舎の高校。主人公の肇とカントクは、夢だけは大きく「日本の特撮映画を変えること」だが、映画の撮影準備と称して憧れの特撮ヒーローになりきる「ごっこ遊び」に興じてばかりのボンクラ映画研究部。そんな「撮らない」映画研究部に、わけありの美少女が飛び込んできて―。男子ってやつは、バカで、むき出しで、まっすぐで、最低だけど最高だ!! 誰しもが通り過ぎる、恥ずかしく、苦く、痛々しい青春模様。
 読む前はヒロインが男装少女ということで無理に男言葉を使っているような痛い感じの女の子だったら嫌だなぁと思っていたが、いざ実際に読み始めて見るととても魅力的なヒロインで良かった。……そして、だからこそきつかった。

(以下ネタバレ)















(ネタバレ開始)

 最初から桐香とカントクのこの関係ってフラグが立ってね? と思っていたら、やっぱりこんな展開かよ。でも、それだけ主人公に感情移入しやすかったし、なんだかんだで最後はさっぱりとして終わり方でとても良かった。大筋だけを見ればとてもシンプルな内容だけど、青春ものとしてもある種のヒーローものとしてもすごくよくできていたかと。

 マイナス点としてはあれやこれやの葛藤を抱えた肇が最後まで状況に流されているだけというのがすっきりしなかった。クライマックスも実質上カントクについていっただけだし。まあ結局のところこの作品は物語的に言えばカントクが主人公で脇役が肇というキャラクター配置のところを、あえての脇役の肇視点から描いた作品だということかね。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2296-b5628857
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック