竹刀短し恋せよ乙女 (1)

ここでは、「竹刀短し恋せよ乙女 (1)」 に関する記事を紹介しています。

竹刀短し恋せよ乙女 (1) (角川コミックス・エース 353-3)竹刀短し恋せよ乙女 (1) (角川コミックス・エース 353-3)
神崎 かるな
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-12-19

by G-Tools
 作者コメントによると「しなこいっ」と併せて読むとより楽しめるそうだが、おもいっきり続きものなので、やはり「しなこいっ」既読前提の作品かと。いちおうあらすじなども載っているけど。

(以下ネタバレ)















(ネタバレ開始)

 仕切り直し一巻目から前作「しなこいっ」では龍之介たちの前に姿を現さなかった虎春が北河の前に現れるというのはスピーディでインパクトがあっていいと思うのだが、このまま一気に決戦となって短期連載で終わってしまわないかとちょっと心配。まだまだ他の番号持ちも残っているし、掲載誌が移っても続くぐらいなんだからたぶん大丈夫だとは思うが。

 トンファーメイドさんがあっさりやられてしまったのは残念。次巻以降どこかでフォローがあってほしいなぁ。虎春が一撃で竹刀をつぶしてしまうから大量の予備の竹刀を用意しているということは、やはり同じように大量の予備の竹刀を用意している北河も竹刀をつぶしてしまう技を持っているということかね。それが“雲耀破り”かな? 対桜戦で桜の一撃をかわしたことや過去に辰子から雲耀を教わったらしい描写があったことから察するに、超長竹刀の結界と雲耀の技術を組み合わせたようなものなんだろうか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2258-853f1955
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック