STEINS;GATE―シュタインズ・ゲート― 比翼連理のアンダーリン (1)

ここでは、「STEINS;GATE―シュタインズ・ゲート― 比翼連理のアンダーリン (1)」 に関する記事を紹介しています。

STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐  比翼連理のアンダーリン(1) (富士見ドラゴン・ブック)STEINS;GATE‐シュタインズ・ゲート‐ 比翼連理のアンダーリン(1) (富士見ドラゴン・ブック)
海羽 超史郎 huke
富士見書房 2011-12-20

by G-Tools

『『『『『我が名は―鳳凰院凶真ッ!!』』』』』
 室内に響く、“俺たち”の声。それは「比翼『連』理」の世界線で紡がれる、新たな運命石の扉が開く音。
 そして繰り広げられる、「未来ガジェット研究所」のラボメンたちによる楽しくも騒がしい日々。
 ――だが待て、何だこの違和感は……?
 想定厨×2の展開で『STEINS;GATE』ファンを熱狂させたファンディスク『比翼恋理のだーりん』と似て非なる物語を描くノベライズ、ここに降臨!
「比翼恋理のだーりん」未プレイ。というわけで春に発売されるというPSP版をプレイし終わるまで待とうかとも思ったが、「比翼恋理のだーりん」とは違った展開になっているらしいし、重なる部分があるならあるで小説とゲームの違いを楽しめるだろうと思って読んでみた。『円環連鎖のウロボロス』でもそうだったけど、登場人物たちの言動が原作のイメージと全然ずれが無いのが素晴らしいですな。ところどころに意味ありげな描写があるけど、これがどういう結末をもたらすのか楽しみ。

(以下ネタバレ)















(ネタバレ開始)

 最後のあの描写からして『STEINS;GATE』本編ではわりとあっさりスルーされてしまった未来の綯との決着をつけるような展開になるのかね。拷問を受けていたのは機関が味方という書き方をされていたことから察するにγ世界線の未来のオカリンか?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2256-1556dc2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック