W/F ダブル・ファンタジー

ここでは、「W/F ダブル・ファンタジー」 に関する記事を紹介しています。

W/F ダブル・ファンタジーW/F ダブル・ファンタジー
村山 由佳 久留 幸子
文藝春秋 2009-01-08

by G-Tools

奈津・三十五歳、脚本家。尊敬する男に誘われ、家を飛び出す。
“外の世界”に出て初めてわかった男の嘘、夫の支配欲、
そして抑圧されていた自らの性欲の強さ――。もう後戻りはしない。
女としてまだ間に合う間に、この先どれだけ身も心も燃やし尽くせる相手に出会えるだろう。
何回、脳みそまで蕩けるセックスができるだろう。
そのためなら――そのためだけにでも、誰を裏切ろうが、傷つけようがかまわない。
「そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる」。
 単行本が発売されたころに買って読んでみようとしたのだけど、どうにも合わなくて途中で読書中断。いちおう軽くざっと最後まで目を通して後は放っておいた。最近になって文庫版が出たようで、それを機になんで合わなかったのかなと考えてみたのでそれをまとめてみる。

 ひとつは単純に登場人物が好みに合わなかった。それも理屈ではなく生理的に問答無用で受けつけなかった。具体的にはいい年して自分の奥さんのことを「ナツッペ」とか呼んじゃう旦那とか、メールの末尾の署名に「狼」なんて厨二臭い署名をつけちゃうおっさんとか(自分の名前から一字取っているというのはわかるのだけどね)。どんなあだ名を使おうが、署名を使おうが個人の自由じゃないかと言われればそれまでで、本当にこのへんは自分の好みの問題としか言いようがないが。

 それに主人公の奈津も合わなかった。女性が複数の男性と関係を持つのが悪いとか言いたい訳ではなくて、そんなふうに感じるぐらいならそもそも帯裏のあらすじを読んだ時点で敬遠しているだろうし。ただ、そのあらすじによると 誰を裏切ろうが、傷つけようがかまわない。「そのかわり、結果はすべて自分で引き受けてみせる」。 とあるけど、そういう心境に至るのが本当に最後の最後の方になってからだったのががっかり。もっと社会道徳に縛られず、確固とした自分を持った女主人公の性遍歴ものかと思っていたら、甘ったれ気味でぐちぐちした女といった印象で期待はずれだった。

 あと、主人公が関係を持つ何人かの男にも当り外れがあるのだけど、その中の当りの男というのが「束縛がゆるく、褒めちぎり、尽くしてくれるいかにも都合のいい男」と「精力的で優秀な男」という実にわかりやすいタイプだったのが安っぽく感じられて笑ってしまった。そりゃこの二つのタイプに惹かれるのは順当と言えば順当だけど、こういう作品なのだからもうちょっと人間的な深みを感じさせてくれる登場人物を出してほしかったというか。

 まあ、要するにまとめてしまうと「登場人物が好みじゃない」「期待していたのと違った」というだけのことなのだが。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2054-de88cf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック