滅びのサーペント ソード・ワールド2.0リプレイ

ここでは、「滅びのサーペント ソード・ワールド2.0リプレイ」 に関する記事を紹介しています。

ソード・ワールド2.0リプレイ  滅びのサーペント (富士見ドラゴン・ブック)ソード・ワールド2.0リプレイ 滅びのサーペント (富士見ドラゴン・ブック)
清松 みゆき グループSNE 末弥 純
富士見書房 2011-08-20

by G-Tools

ソード・ワールド2.0リプレイ初の試み、最強の15レベルPCたちによる超英雄級セッションが開幕! 一騎当千のPCたちを迎え撃つGMは、歴戦の猛者、清松みゆき。だが、PCたちは本当に強かった!
「ダメージは110点です」「なにぃ!?」
 最強PCを迎え撃つべく、ついにGMは奥の手を解禁。
「やむをえん――“黒の封印”を解く!」
表題作「滅びのサーペント」に加え、仕掛けが満載の書き下ろしリプレイも収録。今度のPCは1レベル?
 普通にやっていたらまずお目にかかれないような高レベルキャラを使ってのリプレイということで読んでみたのだけど微妙だった。理由としては、2.0の設定はあまりよく知らないので、いろいろ特技やら呪文やらをくり出しているようだけど、それらがどういった効果を持っているのかよくわからなかったというのがひとつ。数字とか惜しみなく使いまくっていることからしてなんとなくすげーってのはわかるのだけど。

 もうひとつはシナリオの大筋そのものが単純過ぎてもの足りなかった。高レベルキャラだと万能過ぎて話が単純化してしまったり、知名度が高過ぎて普通に街中をうろついたりできないといった側面もあるだろうし、雑誌に掲載するページ数の都合でそれほどボリュームのある話はできなかったという事情もあるのだろうけど、やはりTRPGってのは敵と戦ったりダンジョンをうろついておしまいでなく、もっと自由に動きまわった方が面白いと思うわけで。

 そのせいか、もう一本の最弱キャラのコボルドパーティのリプレイの方が楽しめた。単なる最弱パーティだったらつまらなかっただろうけど、TRPGなのにあえてコンピューターRPGっぽいしかけがあったのが面白かったというか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2048-5d2a2216
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック