銃姫 -Phantom Pain- (1)

ここでは、「銃姫 -Phantom Pain- (1)」 に関する記事を紹介しています。

銃姫 -Phantom Pain-(1) (シリウスコミックス)銃姫 -Phantom Pain-(1) (シリウスコミックス)
椋本 夏夜 高殿 円
講談社 2011-08-09

by G-Tools
 原作小説未読(原作といっても小説版の内容がそのまま漫画化されているわけではなく、世界観の一部が共通しているだけでストーリーは別物のようだが)。そのせいか最初は世界観がわかりづらかったが、この一巻を読み終わるころにはだいたいのところは把握できた。巻末に設定解説があったのもありがたかった。

『銃姫』なんてタイトルだけど、銃は実質上魔法を使うための道具でしかなくて、ちょっと設定をいじれば杖とか指輪とか水晶とかでも良さそうな感じ。やはり狙いをつけて撃って当たったり外れたりというのが銃の醍醐味だと思うので、引鉄を引けば広範囲の魔法がまき散らされるこの作品の「銃」は、あまり好みに合わない設定だった。

 モグリの葬儀屋としての短期解決型のエピソードをはさみつつ、長期的には何やらわけありな様子のコジとマテリアの何かを探している旅を主題に据えるといった感じの構成ですな。葬儀屋としてのエピソードは今のところ依頼者側のドラマが弱い印象。まだ始まったばかりで世界観を読者にわかりやすく伝える必要があるからあまり凝った内容は避けているのかもしれないけど、もうちょっとひねりがほしかった。

 コジとマテリアに関してはまだほとんど情報が出ていないので何とも言えないなぁ。まあこのふたりの過去に関しては来月発売の2巻で描かれるようなのでそちらに期待。

 全体としてはまだわからないことが多くて判断しづらいが、絵は魅力的だし、1・2巻2ヶ月連続刊行ということで2巻まで合わせてプロローグみたいなものだろうから、とりあえず2巻待ちといったところか。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/2005-367f3c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック