Rewrite 朱音ルート感想

ここでは、「Rewrite 朱音ルート感想」 に関する記事を紹介しています。

Rewrite 初回限定版Rewrite 初回限定版
KEY 2011-06-24

by G-Tools
 朱音ルート終了。以下、すでにルチア・小鳥・ちはや・静流ルートは攻略済みでそのへんを踏まえての感想もあるので、朱音ルートはクリアしたけどルチア・小鳥・ちはや・静流ルートはまだという人もネタバレ要注意。

(以下ネタバレ)















(ネタバレ開始)

 なんというか、すっきりしない展開ですっきりしない終わり方のルートだった。

 ガイアの中心的ポジションの朱音のルートだけあってどんどん破滅的な方向に進んでしまうのね。瑚太郎は殺人者になってしまうわ、朱音はガチで人類破滅の引き金を引いてしまうわ。同じガイア所属でもちはやルートはあんな王道少年漫画的展開だったのに。

 罪を償うんだ、なんてたいそうなことを言っていたわりには単なる追放オチとは拍子抜け。そりゃあれだけのことをやらかしたのだから、もはやどう転んだところで納得のいく贖罪なんてありえないわけだが。あれだけネガティブ思考だった朱音が瑚太郎が糾弾されてからは急に以前と同じような感じになったのも納得のいかないところ。まあそりゃどこかで前向きになってくれないと、最後までネガティブのままでしたで終わってしまっては後味が悪いだろうけどさ。……こうして考えてみると朱音って、つまるところご都合主義的展開を入れない限り設定レベルでハッピーエンドがありえないキャラということなのか。

 朱音を探しているときに聞いた「自分を選んで」と言っていた謎の声や幼いころの朱音の姿の記憶があるという伏線はなんだったんだ? そのへんは今後明かされるということなのか。謎の声の主はてっきり転写が進んではっきりとした自我を持つようになったしまこの声かと思っていたのだけど。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1989-2fc58360
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック