Rewrite 静流ルート感想

ここでは、「Rewrite 静流ルート感想」 に関する記事を紹介しています。

Rewrite 初回限定版Rewrite 初回限定版
KEY 2011-06-24

by G-Tools
 静流ルート終了。以下、すでにルチア・小鳥・ちはやルートは攻略済みでそのへんを踏まえての感想もあるので、静流ルートはクリアしたけどルチア・小鳥・ちはやルートはまだという人もネタバレ要注意。

(以下ネタバレ)














(ネタバレ開始)

 なんというかすっきりしない終わり方だった。咲夜みたいに人間の魔物状態になって再会かと思ったら、単に木になっただけ? まあ、あのCGの後に人間の姿になった瑚太郎が出てくるのかもしれないが、それならそこまでしっかり描いてほしかったな。

 そもそもシェルターに避難する前に別れるのが納得いかなかった。魔物との契約みたいな状態になっているので一緒にいたら静流も共倒れになってしまうというのはわかるが、かといって瑚太郎が離れれば命共有状態を解除できるという考え方は安直に思えてしまったし、その考え方があっているのだとしても自己犠牲パターンとは安易だなぁと思えてしまって素直に盛り上がれなかった。

 途中までは静流の両親との関係とか、記憶の問題とか、一番KEYらしいルートだなと思っていたんだけど、最後のまとめ方がいまいちだったな。ガーディアンVSガイアの描写は避けられないにしても、もっと静流と両親の関係を話の中心にしてほしかった気が。戦いの方面で役に立てない瑚太郎は静流と両親の関係をなんとか少しでもいいものにしようとして尽力する→当然そう簡単に上手くいかないが好転の兆しが見え始めたところでガーディアンとガイアの鍵の争奪戦激化し両親とは会えなくなる→鍵の滅び発動→最後にちょろっと両親の記憶が戻ったかのような様子が見られるもそのままお別れ、という流れで良かったのでは(……と思ったけど、これじゃあ小鳥ルートみたいなもんか)。

 あともう一つ納得いかないのが終盤の展開のマイナス要因の一部が瑚太郎の手痛いミスによって招かれた結果だということ。小鳥を探して森に深入りしなければ静流が瑚太郎と命を共有することになってパワーダウンすることもなかっただろうし、鍵の滅びは避けられなかったにしても命共有状態を解除するため瑚太郎が静流から離れる必要もなく、互いに寄り添って普通にふたりでその後の世界を生きていくことだってできただろうに。幼なじみを助けたいという気持ちはわかるし、時にはミスするのもしかたないことだろうけど、それが結果として瑚太郎本人が何よりも望んでいたであろう「静流のそばにいて支え続ける」という願いを妨げることになったというのはどうにもすっきりしない。

 小鳥ルート以上になるようになっちゃった終わり方だったのも衝撃的だった。結局鍵の滅びは発動、会長・ちはや・咲夜・ルチア・吉野など主要登場人物は消滅だし(小鳥だけ描写がなかったけど瑚太郎の契約を静流とのものに変更したときにどうにかなってしまったんだろうか?)。今までの他のルートだったら、平穏な日常生活は失われたもののなんだかんだでみんな生き延びていた(少なくとも明確に死んだという描写はなかった)のに。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1971-c5f32f1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック