Rewrite ちはやルート感想

ここでは、「Rewrite ちはやルート感想」 に関する記事を紹介しています。

Rewrite 初回限定版Rewrite 初回限定版
KEY 2011-06-24

by G-Tools
 ちはやルート終了。以下、ルチア、小鳥ルートと比較しての感想もあるので、ちはやルートはクリアしたけどルチア、小鳥ルートはまだという人もネタバレ要注意。

(以下ネタバレ)














(ネタバレ開始)

 ルチアルートで既にわかっていた通りちはやはガイア側に所属しているので今回はガイア側の話。まあ、それほど組織の全貌とか見えてこなかったけど。ほとんどちはやの家に下宿しているだけで、たまに会合とかに顔を出すだけだし。ヒロインによって主人公が違った勢力に属することになるとか、戯画の『BALDR』シリーズを思い出すなぁ。

 今さらながら思ったことだけど、ガーディアンとガイアの対立ってCLAMPの『X』の天の竜と地の竜の関係みたいなもんだよな。まあ、特に珍しいというほどの設定じゃないから、さがせば他にも似たような設定の作品は見つかりそうだけど。神坂一さんの『闇の運命を背負う者』とかもこんな感じの設定だったっけ(もっともあの作品は実は……だけど)。

 前2ルートと比較してみると、ルチアルートに近い印象だった。ホラー的展開から少年漫画的展開に移行したルチアルートと違って、こっちの方がより王道でまとまりがいいかと思っていたけど、敵側の語る理屈がどうにも子ども臭く感じられたり(ミドウあたりまではまだ微笑ましく思えていたのだけど、西九条先生あたりになるとかなりしらけてしまった)、終盤の精神論で上手くいってしまうご都合主義は、素直に燃え展開として受け止められれば良かったのだろうけど、ひねくれている自分には素直に楽しみづらかった。

 また、これを乗り越えれば終わりだろうという山場が何度も続いて(ミドウ戦→西九条・静流のガーディアン戦→暴走した会長戦→巨大魔物化した咲夜戦)少々気持ちがだれてしまった。本来なら展開に起伏が富んでいるのは望ましいことなのだろうけど、ここがクライマックスか! と盛り上がったのに、まだ続きがありました→今度こそクライマックスか!→まだ続きがありました……といった感じで、気持ちの盛り上がりが続かなかったというか。ルチアルートでも思い出したけど、ここでもニトロの『“Hello, world.”』を思い出した。あれも何度か山場があった作品だったっけ。

 あと、瑚太郎よりもちはやよりもどちらかというと咲夜がメインのルートという印象になってしまっていたのはいかがなものかと。咲夜が魅力的な登場人物であることはけっこうなのだけど、物語の中心はやはり主人公かヒロインであるべきと思うわけで。ちょっと咲夜を便利キャラにし過ぎというか、高過ぎる位置に置いてしまったのではないかという気が。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1961-c509de0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック