Rewrite ルチアルート感想

ここでは、「Rewrite ルチアルート感想」 に関する記事を紹介しています。

Rewrite 初回限定版Rewrite 初回限定版
KEY 2011-06-24

by G-Tools
 ルチアルート終了。一周目は個別ルートに入れずBAD ENDだったのでこれが初めての個別END。他のルートがどんなだかはまだわからないが、とりあえず現時点での感想。

(以下ネタバレ)














(ネタバレ開始)

 個別ルートに入ってから急に語尾に「~ぜ」とつくのや三点リーダーが増え過ぎ。キャラ崩壊もいちじるしい気が。特に気になったのが瑚太郎。瑚太郎って自分にも超能力みたいな特殊な力があって、だから幽霊だの宇宙人だのといった他のオカルト要素も実在するかもしれないと思うからこそ、そういった方面に興味を持っていて調べようとしているというスタンスじゃなかったっけ? なのにルチア個別ルートの発端の怪談に関しては最初から否定的なスタンスなのはおかしい気が。

 ホラー調で始まった個別ルートなのに、話が進むにつれて厨二病的巨大組織陰謀もの&バトルものになってしまって、話のまとまりが悪い気が。

 シナリオ終盤、プレイヤー側からしてみればルチアがどういう言葉を欲しているのかはわかり切っているので、「毒はなんとかする」とばかり言って、あとは何を言えばいいのかわからない瑚太郎に苛々させられまくり。クライマックスにあの説得を持ってきたかったのはわかるが、そのためにずっと引っぱっるせいで瑚太郎がただの馬鹿に見えてしまう展開になるのは勘弁してほしかった。

 ルチアもなぁ……不幸な身の上やらひどい傷心状態だったのはわかるが、それにしても被害者を出しまくり、迎えに来た静流やちはやもマジで殺そうとするぐらいとか、さすがにやり過ぎではないかと。というかルチアってルート全体を通して「こんなにかわいそうな子なんです」というアピールばかりで、いいところ、魅力的だと感じるような部分が描けていない気が。デートの時の描写は可愛かったけど、それぐらいだし。

 派手なバトル展開とか、盛り上げようとしているのはわかるけど、どうも悪い面の方が強く印象に残ってしまったルートだった。

 最後の何もかもめでたしめでたしの終わり方ではなく痛みを残した終わり方は、ニトロの『“Hello, world.”』を思い出した。

 タイトル画面に銀髪少女の追加キター! やはりこの娘が“鍵”というやつなのかね?

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1953-04e4b989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック