県庁おもてなし課

ここでは、「県庁おもてなし課」 に関する記事を紹介しています。

県庁おもてなし課県庁おもてなし課
有川 浩
角川書店(角川グループパブリッシング) 2011-03-29

by G-Tools

地方には、光がある――物語が元気にする、町、人、恋。

とある県庁に突如生まれた新部署“おもてなし課”。観光立県を目指すべく、若手職員の掛水は、振興企画の一環として、地元出身の人気作家に観光特使就任を打診するが……。「バカか、あんたらは」。いきなり浴びせかけられる言葉に掛水は思い悩む――いったい何がダメなんだ!? 掛水とおもてなし課の、地方活性化にかける苦しくも輝かしい日々が始まった!?
 良くも悪くもいつものこの作者らしい作風だなという感じ。清遠さんのカッコ良さはあいかわらずの親父萌えですな。掛水と吉門の男の友情萌え要素もあり。前々からそういった気配が感じられた部分もあったけど(特に『キケン』なんてその最たるものか)今回は特にその要素が強い気が。恋愛要素は掛水の方はフラグが立つのが早過ぎて少々もの足りなかった。あくまで観光ネタがメインなんだろうけど、もうちょっとふたりの関係が変化していくところをじっくり描いてほしかった(まあ、きっちりくっつくまでにはかなりの時間がかかっているわけだけど)。題材(今回だと高知観光)に関するうんちくを散りばめ、駄目駄目だったところを商業的観点からてこ入れして洗練させ、登場人物の恋愛要素を絡め、一本の物語として実に上手くまとめあげていて今回も楽しめたのだけど、贅沢を言えば新鮮味が足りなかった気も。そろそろまた『空の中』の頃みたいな飛び道具を使った話も読んでみたい(もちろんこういう現実的な題材のみの作品も並行して読みたい)。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1814-0a0e1b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック