ソーサルカンパニー・リプレイ 魔法の会社で大もうけ!

ここでは、「ソーサルカンパニー・リプレイ 魔法の会社で大もうけ!」 に関する記事を紹介しています。

魔法の会社で大もうけ!―ソーサルカンパニー・リプレイ (富士見ドラゴンブック)魔法の会社で大もうけ!―ソーサルカンパニー・リプレイ (富士見ドラゴンブック)
諸星 崇 グループSNE 秕 帷苓
富士見書房 2007-11

by G-Tools

魔法の都イースリーに新たな血社が誕生した! その名は“英知の箱”。方具使いを目指すマイヤー社長の下、若き力が集まって、大血社への道を歩みだす。
最初に請けた案件は、近所の魔道具屋からの依頼だった。
「届くはずの魔法の石が届かないので、調べてきて」
お使い程度の事件と思ったら、それは世界の危機へと繋がる大事件の発端だった。
魔法があふれる世界での、魔法の会社の物語。
きっと明日は大もうけ!
 プレイヤーのグループが「会社」という形でまとまっているせいか(作中では「血社」という)、中世よりももうちょっと現代よりな印象。もっとも傭兵なども普通に出てくるあたりなどはいかにもファンタジーRPGらしい。

 たいていのプレイヤーキャラが「魔法の素質」を持っていたり、設定上では魔法の素質3~5ぐらいまであるのがいかにも魔法がメインの作品といった感じ。ルナルのころは「魔法の素質2」を持っていたらかなりすごく思えたしなぁ。ベースとなっているガープス・マジックがあたらしくなっているのも関係しているのかも。魔法の力の源が「マナ」ではなく「マガ」という名称に変わったのはどうしてなんだろう? 「マナ」では何か問題でもあったのかね。

 良くも悪くも魔法に影響を受けやすく、魔法の影響を受けると子供の姿から大人の姿に変身するシエロは、魔法がメインのこの作品にふさわしい種族ですな。しかし接近戦はほとんどシエロ頼みだったのは少々残念。魔法&接近戦の両方を使いこなす魔法戦士みたいなキャラもいてほしかった。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lowo.blog22.fc2.com/tb.php/1727-18ba0d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック