個人的な注目作品を紹介したり、たまに感想を書いたり

轟世剣ダイソード 2巻轟世剣ダイソード 2巻
長谷川裕一
Benjanet 2014-07-08

by G-Tools
 ユーリナの影が薄くなって代わりに会長がどんどんヒロインらしくなってきたなあ……と思っていたら第三ヒロインの登場とは。二巻目にして早くもダイソード召喚回数がピンチなんだけどあと二冊もあるわけで。どうするのだろう。別の召喚者を登録して代わりに召喚してもらうとか? それとも新型機乗り換えとか。

魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>17 (MF文庫J)魔弾の王と戦姫<ヴァナディース>17 (MF文庫J)
川口 士 よし☆ヲ
KADOKAWA 2017-07-25

by G-Tools

(以下ネタバレ)

[魔弾の王と戦姫17]の続きを読む
大家さんは思春期! 1巻 (まんがタイムコミックス)大家さんは思春期! 1巻 (まんがタイムコミックス)
水瀬るるう
芳文社 2013-10-07

by G-Tools
 面白かった。昨今の萌え系4コマとは違って素朴な絵なんだけど女子中学生大家さんが地味に可愛くて良かった。ただ主要登場人物が少ないので話の広がりが狭い感じだったけど、そのへんは今後増えていくだろうしまだまだこれから次第かな。

無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 15 (MFブックス)無職転生 ~異世界行ったら本気だす~ 15 (MFブックス)
理不尽な孫の手 シロタカ
KADOKAWA 2017-07-25

by G-Tools
 前半は重い雰囲気でつらかったが後半は肩の荷が下りた感じというか気軽に楽しめて良かった。シリアス展開も嫌いじゃないけど、それがずっと続くのは疲れるしね。やはり緩急があった方がいい。エリスがついに本編に復帰。こうしてイラストで見ると作中の描写通りカッコいい美人になったなあ。しかし本編不在期間が長かったのでエリスとルーデウスとのやりとりってこんな感じだったっけとちょっと戸惑いが。ラプラスに関する設定も明かされたけどずいぶんややこしいことになってんのね。『鬼畜王ランス』の某キャラを思い出す。

409127580X競女!!!!!!!! 17 (少年サンデーコミックス)
空詠 大智
小学館 2017-06-16

by G-Tools
 やはり終わりに向かって展開がやや駆け足気味な印象。巻末に収録されているその他の組の勝負だってちゃんと描けば数巻はかかるだろうに。まあ今回は五尻との対決がメインなのであえてその他の勝負はばっさり切ってしまうというのもそれはそれでありだと思うが。日下生の強さは最後まで底が見えなかったな。おそらく最終巻でも描かれていないだろうけど、のぞみとの対決も見てみたかった。駿河組も再登場して嬉しい。尻剣のひとと決着をつけて終わりそうな雰囲気だけど五尻最後の一人はどうするのだろう。

409127725X競女!!!!!!!! 18 (少年サンデーコミックス)
空詠 大智
小学館 2017-07-18

by G-Tools
 最後までやはり駆け足だった。五尻打倒がかなっちゃうのはでき過ぎな気がするが、まあのぞみたちは仲間と協力して基本二対一で挑んでいるから純粋に一対一の地力ではまだ五尻に及んでいないと考えるべきかな。競女2楽しみ。いやまあ嘘予告だとはわかっているけど、本当だとしても面白くなりそうだと思えたので。

エンジェル・ハート2ndシーズン 16 (ゼノンコミックス)エンジェル・ハート2ndシーズン 16 (ゼノンコミックス)
北条司
徳間書店 2017-07-20

by G-Tools
 ついに完結ということでどういう終わり方になったのかなと途中をすっとばしてこの巻だけ読んでみた。特に何がどうなるでもない終わり方でもの足りなかった。脇役の結婚式をしたり、そこでひと騒動あったり、最後は台詞なしでその後の登場人物たちを描きつつ、駆けていく姿で終わりとか、旧作『シティーハンター』のラストとかぶる印象だけど、わざと同じような感じにしたのかね?

今日も女の子を攻略した。 1 (MFC キューンシリーズ)今日も女の子を攻略した。 1 (MFC キューンシリーズ)
むく
KADOKAWA / メディアファクトリー 2017-03-27

by G-Tools
 微妙。無自覚にイケメンな行動をしてしまう主人公がまわりの女の子を攻略してしまうという設定だけど、それほどイケメンな行動とは感じられずあまりぴんとこなかった。

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXII (電撃文庫)ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXII (電撃文庫)
宇野 朴人 竜徹
KADOKAWA 2017-07-07

by G-Tools

(以下ネタバレ)

[ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン XII]の続きを読む
恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスコミックス)恋愛ハーレムゲーム終了のお知らせがくる頃に(1) (シリウスコミックス)
竜騎士07 緋賀ゆかり
講談社 2017-04-07

by G-Tools
 いまいち。ハーレムギャルゲー的状況の裏ではデスゲームがくりひろげられていたというアイデアはわかるけど、美少女たちがバカな男の妄想のせいでその男の気を惹かないと地獄行きになるゲームに強制的に参加させられるという状況が理不尽過ぎて気分が悪い。また数だけヒロインをそろえても薄っぺらで魅力が感じられない。ギャルゲーってのはヒロインに魅力が感じられるからこそ楽しめるものなのに、この作品はそのへんが弱いのでギャルゲー的ハーレムものとしてもデスゲームものとしても力不足な印象。

Aチャンネル 8巻 (まんがタイムKRコミックス)Aチャンネル 8巻 (まんがタイムKRコミックス)
黒田bb
芳文社 2017-03-27

by G-Tools
 なんだか絵の描き方が変わったような気が。先生組の関係にはっきり動きがあったのは意外だった。もっともその後の描写がなかったのは残念。

ゆるキャン△ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)ゆるキャン△ (4) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)
あfろ
芳文社 2017-07-12

by G-Tools
 クリスマスの過ごし方がクソ寒い冬の屋外でキャンプとは渋い過ごし方だこと。いや友だち同士で集まって高級な肉を囲むといえばリア充っぽいけどね。実際この作品を読んでいるとなんだかいいなあ……と思えてくる。ついにリンもなでしこたちといっしょにキャンプしてこれが最終巻でもおかしくなさそうな雰囲気だったけどまだ続くようで良かった。次は年末年始の話。この作品は冬キャンプを主に扱っているけど、作中季節が夏ぐらいまで進んだらどうなるのだろう。まあまだまだ先の話だけど。

りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)
白鳥 士郎 しらび
SBクリエイティブ 2017-07-14

by G-Tools

(以下ネタバレ)

[りゅうおうのおしごと! 6]の続きを読む
山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)山と食欲と私 1巻 (バンチコミックス)
信濃川日出雄
新潮社 2016-04-09

by G-Tools
 もっとお食事ネタが前面に出ている作品なのかと思ったら意外とがっつり登山に関する描写もあって主人公が登山を楽しんでいる様子が伝わってきて良かった。というか普段の生活の中でも登山用のトレーニングを取り入れていたり、食事に気を使っていたり、寝袋で寝ていたり、かなりのガチだよなこの主人公。そしてこんなガチな主人公でも特に甘い考えで行動したとかでもないのに遭難しかけるエピソードもあるあたり、やはり登山って油断ならないわ。

淫らな青ちゃんは勉強ができない(1) (少年マガジンエッジコミックス)淫らな青ちゃんは勉強ができない(1) (少年マガジンエッジコミックス)
カワハラ恋
講談社 2016-06-17

by G-Tools
 いまいち。絵はきれいで好みなんだけど思ったよりもエロ妄想ギャグは少なく恋愛描写重視の少女漫画みたいな内容で期待したのとは方向性が違っていた。

転生したら剣でした (1) (バーズコミックス)転生したら剣でした (1) (バーズコミックス)
棚架ユウ 丸山朝ヲ るろお
幻冬舎コミックス 2017-04-24

by G-Tools
 原作未読。転生してスキルがなんたら鑑定がかんたらというなろうのテンプレパターンだったけど、絵はきれいだったしそれなりに楽しめた。

ミミヨリハルモニア 1巻 (ガムコミックスプラス)ミミヨリハルモニア 1巻 (ガムコミックスプラス)
わだぺん。
ワニブックス 2017-04-25

by G-Tools
 微妙。比喩演出を多用したり開発史に触れたりしてがんばって紹介してくれているけどあまりぴんとこなかった。やはりこういうのは実際に聞いてみる方がいいのだろうな。あと思った以上にヘッドホン紹介に特化していて登場人物たち自身のドラマはほとんど無いのがもの足りなく感じられた。

鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 6 (ジャンプコミックス)
吾峠 呼世晴
集英社 2017-05-02

by G-Tools
 四六時中眠っているときも特殊な呼吸法をし続ける……波紋の呼吸ですねわかります。トップクラスの連中は当たり前のように取得している特殊技術というと『聖闘士星矢』のセブンセンシズも思い出すなあ。呼吸法の違いだけでなくカナヲの目についても気になっていたようだけど何かの伏線? 話しかけても無反応だったり、しゃべらないことから耳が聞こえないのかとも思ったけど、第44話で隠の台詞に応答して指示を出しているしなあ。

鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 5 (ジャンプコミックス)
吾峠 呼世晴
集英社 2017-03-03

by G-Tools
 ようやく本物の十二鬼月が出てきて(今度こそ本物だよな?)、鬼殺隊の方も“柱”が出てきて、戦いの規模が大きくなってきた印象。炭治郎と蜘蛛の鬼の戦いは都合のいい後出し設定が多かったのがちょっと気になったけど、これぐらい幸運が続かないと生き残れないほど現時点では力の差があったと考えるべきかね。戦いの決着の後の第43話のやりとりはちょっとしんみり。

魔王の秘書 1 (アース・スターコミックス)魔王の秘書 1 (アース・スターコミックス)
鴨鍋 かもつ
アース・スター エンターテイメント 2017-04-12

by G-Tools
 微妙。魔物にさらわれた人間の秘書の方が魔王や魔物よりもえげつない作成を提案して魔物たちを戸惑わせるというアイデアは面白いけどそれだけで、あとは大同小異の同じようなことのくり返しで話の進展が見られず読んでいてもの足りなく感じた。

ダンベル何キロ持てる?(2) (裏少年サンデーコミックス)ダンベル何キロ持てる?(2) (裏少年サンデーコミックス)
サンドロビッチ・ヤバ子 MAAM
小学館 2017-06-12

by G-Tools
 なんだか初心者にはきつそうなトレーニングが増えた気が。1巻からこんなもんだったっけ? そして新キャラ追加。これで百合度も上がることになるのだろうか。

空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)空電ノイズの姫君 (1) (バーズコミックス)
冬目景
幻冬舎コミックス 2017-04-24

by G-Tools
 まあまあ。いかにもこの作者らしい雰囲気は良かったのだけど、まだ現時点では夜祈子がどういう立ち位置なのかよくわからんな。普通に考えればバンドのメンバーになるのだろうけど、そうあっさりいかない気もするし。過去描写が意味ありげなのも気になるところ。

徒然チルドレン(8) (週刊少年マガジンコミックス)徒然チルドレン(8) (週刊少年マガジンコミックス)
若林稔弥
講談社 2017-06-16

by G-Tools
 体育祭、修学旅行と大きなイベント続きな巻。そのせいかいつもよりも青春度が高かった気が。でもその分、一部の登場人物たちは出番がなくなっていたのは残念。まあもともと毎回全登場人物がまんべんなく出てきているわけではないけどさ。

おちこぼれフルーツタルト 1巻 (まんがタイムKRコミックス)おちこぼれフルーツタルト 1巻 (まんがタイムKRコミックス)
浜弓場双
芳文社 2016-04-27

by G-Tools
 微妙。アイドルものとして深みがあるわけではないし、キャラも可愛いけどすごくいいというほどではない。この手の作品の中では普通といったところ。あとこの作者の絵柄は4コマよりも大ゴマとかも使える普通のコマ割りの方が映える絵柄だと思う。

NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)NEW GAME! (6) (まんがタイムKRコミックス)
得能 正太郎
芳文社 2017-06-27

by G-Tools
 インターン2名が入ってきて新展開。インターンとくらべるとなんだか青葉が頼りがいのあるプロっぽく見える……とか思っていたら後半にはもっと驚きの展開が。え、まさか最終回? と驚いたわ。ちゃんと続くようで一安心。この展開からすると青葉の友人のフランスに留学している子もまた出てくるのかな。続きも楽しみ。

みだLOVE♪: 1 (REXコミックス)みだLOVE♪: 1 (REXコミックス)
林 哲也
一迅社 2016-11-22

by G-Tools
 たぶん作者自身がTSもの好きで、そういう作品が好きな読者のツボを押さえた展開になっているとは思うのだけど絵が微妙で期待したほどには楽しめなかった。あとストーリー展開がコメディ路線に寄り過ぎているように感じられたのもマイナス点かな。あくまで自分の好みからいえばの話だけど。

みだLOVE♪: 2 (REXコミックス)みだLOVE♪: 2 (REXコミックス)
林 哲也
一迅社 2017-03-27

by G-Tools
 正直かごめのほうが恋咲よりもヒロインらしい気が。かごめの方がホレるまでの過程をちゃんと作中で描かれているからだな。対して恋咲は幼なじみキャラということでそのへんがあっさりすまされてしまっていたし。もう一角の凰児はまだこれからのキャラといった感じ。そういったあたりも含めてラブコメとしてキャラクターの配置が整ってきたなと思っていたら最後に不穏な引きが。

やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)やがて君になる(4) (電撃コミックスNEXT)
仲谷 鳰
KADOKAWA / アスキー・メディアワークス 2017-06-27

by G-Tools
 やはり劇は重要なキーポイントになるのね。目指すべき方向も見えてこの調子だと次の巻で完結に持っていくこともできそうだけどどうなるだろう。

ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ROBOT×LASERBEAM 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
藤巻忠俊
集英社 2017-07-04

by G-Tools
 面白かった。さすが『黒子のバスケ』の作者。話の組み立て方がいかにもジャンプ的王道で話に入っていきやすい。まだ一巻目ということでややこしいルールとかは置いといてシンプルな内容で、だけど見どころある場面が用意されているのが良かった。ゴルフ漫画というとマイナーな印象だけど、ジャンプでもむかし『隼人18番勝負』とかあったし、ジャンプ以外だと今どきは知っている人少ないかもしれないけど『プロゴルファー猿』などもあるし、こちらも人気が出て作者がやりきったと思えるまで描ければいいな。

Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)Dr.STONE 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
稲垣理一郎 Boichi
集英社 2017-07-04

by G-Tools
 ある意味すごく地道なことやっているのだけど、とにかくそのスケールの大きさに「すげー!」と圧倒される作品だった。しかしこれ、どうストーリーを広げていくのだろうな。状況が途方もなさ過ぎて今後の行く末が想像もつかん。あと原作担当が『アイシールド21』と同じ人らしいけど、なるほどたしかに千空の言動はヒル魔と似たところがある印象。

つぐもも : 16 (アクションコミックス)つぐもも : 16 (アクションコミックス)
浜田よしかづ
双葉社 2015-10-10

by G-Tools
 回想編その二。回想編は長くなるよね。『天上天下』とか『黒子』とか。最近だと『プリヤ』とかも。しかしいろいろな意味で並はずれている奏歌が、どういう経緯で普通に恋愛して結婚したのかと疑問に思っていたらそのへんは特に掘り下げられることもなくあっさりすまされてしまって残念。あとお姉ちゃんの真正ブラコンは特に理由なく昔からこうだったのね。かずやも子どものころはスケコマシだし、ろくでもない血統だこと。唯一パパさんだけが一般人枠か。それとも実はとんでもない特殊性癖でもあったのだろうか。あの奏歌を嫁にできるぐらいだしなあ。

つぐもも : 17 (アクションコミックス)つぐもも : 17 (アクションコミックス)
浜田よしかづ
双葉社 2016-04-12

by G-Tools
 ようやく回想編終了。しかし長くなった回想編をまとめるためか終盤はちょっと駆け足だった気が。あと前巻から気になっていたのだけど、絵の雰囲気がちょっと変わったような?

つぐもも : 18 (アクションコミックス)つぐもも : 18 (アクションコミックス)
浜田よしかづ
双葉社 2016-09-12

by G-Tools
 表紙からわかる通りの響華当番巻。響華さん意外と性欲に忠実過ぎる。まあこの漫画の登場人物じゃこうなるのも当然か(笑) そしてここにきて少年漫画お約束の武闘会展開とは。まとめに向かって話が進み始めたはずだったのに、ここにきてまた本編の進み具合がスローダウンしているような。

つぐもも : 19 (アクションコミックス)つぐもも : 19 (アクションコミックス)
浜田よしかづ
双葉社 2017-03-11

by G-Tools
 モブキャラ同士の対戦は駆け足で消化しているがそれでも武闘会展開なのでほぼ主人公の活躍無しという。せめて3対3ぐらいにしておけば良かったのにね。もっともそれだと敵の卑怯な仕掛けを見抜く時間がなくなってしまうけど。

鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)鬼滅の刃 4 (ジャンプコミックス)
吾峠 呼世晴
集英社 2016-12-02

by G-Tools
 なんというか前からそんな兆候はあったけどこの作品のギャグ描写って独特なノリだな。そして今回はそんなギャグ描写が今まで以上に多かった印象。