小説☆☆☆☆☆☆☆

ここでは、「小説☆☆☆☆☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

なんて素敵にジャパネスク 2 ―新装版― なんて素敵にジャパネスク シリーズ(2) (コバルト文庫)なんて素敵にジャパネスク 2 ―新装版― なんて素敵にジャパネスク シリーズ(2) (コバルト文庫)
氷室 冴子 後藤 星
集英社 1999-04-01

by G-Tools

『入道の変』の解決のために瑠璃姫と一緒に活躍した鷹男の東宮が、即位して新しい帝となった。だが、浮気グセは相変わらずのようで(?)、熱心に手紙や使者を送ってくる。それなのに許嫁の高彬は煮えきらない態度で、まったく頼りにならない。とうとうキレた瑠璃姫は、出家するために縁の尼寺に駆け込むが、その夜、実家の三条邸が炎上した。瑠璃姫を恨む何者かが放火したらしいのだが…!?
 再読。初めて読んだときはすごく印象的だったなぁ。高彬とはどうなるんだとか、こんな大事になってどうまとめるんだとか、ドキドキしながら読んで、最後はすごくしんみりする終わり方で。そんなふうに強烈に印象に残っていたからなかなか気軽に再読できなかったけど、今回こうして改めて読んでみても、いかにも少女小説らしいと思うような要素を散りばめつつ、登場人物それぞれのどうにもままならない事情などもよくできていて非常にお見事と感服。