漫画☆☆

ここでは、「漫画☆☆」 に関する記事を紹介しています。

ようこそ実力至上主義の教室へ 1 (コミックアライブ)ようこそ実力至上主義の教室へ 1 (コミックアライブ)
一乃 ゆゆ 衣笠彰梧
KADOKAWA / メディアファクトリー 2016-09-23

by G-Tools
 原作未読。導入が退屈。登場人物のキャラの立て方もあまり魅力が感じられず。後半になって多少話が動き始めたので少しは続きに期待が持てたけど、この一巻の内容だけでいうならいまいちだった。

NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 1巻 (デジタル版ガンガンコミックスONLINE)
クラシック ショコラ 緋原俊介 芹之由奈
スクウェア・エニックス 2013-07-22

by G-Tools
 いまいち。原作は同人ゲームのようだけど(そちらは未プレイ)そのせいか『ひぐらし』の二番煎じという印象でしかなかった。しかし『ひぐらし』で本編8作+番外編を何作かと『うみねこ』で数作つきあった後となっては、もうこの手の作風はおなかいっぱい。もともとホラーは好みのジャンルじゃないってのもあるしな。

くーねるまるた(1) (ビッグコミックススペシャル)くーねるまるた(1) (ビッグコミックススペシャル)
高尾じんぐ
小学館 2013-01-30

by G-Tools
 いまいち。お食事もの・お料理ものとしてはがっつりとした主食というより隙間時間に食べるつまみ程度の料理が多くてもの足りないし、貧乏設定のわりにはいちおう節約している描写もあるもののわりとのんきに暮らしていて貧乏設定の意味が感じられなかった。まあそこまでの極貧生活というわけではないのだろうし、個人の気性によるところも大きいのだろうけど、貧乏設定は必要だったのかなという疑問が。金のない大学生ぐらいの設定で良かったですやん。

風夏(1) (週刊少年マガジンコミックス)風夏(1) (週刊少年マガジンコミックス)
瀬尾公治
講談社 2014-05-16

by G-Tools
 アニメを見たのと電子書籍一巻が無料だったので読んでみた。登場人物の心情や関係性の変化についていきづらいのは予想通り。主人公がいつもスマホ見てツイッターやっててそのくせリアルのコミュニケーションは苦手そうな設定なのは今どきの若者ウケを狙ったのかね。こうして読んでみると意外と地味というかじっくりとした進み方な印象。おかげでアイドルの幼なじみとの関わりがまだこの巻ではそれほど描かれていなかったのは残念。

黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない<黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない> (ファミ通クリアコミックス)黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない<黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない> (ファミ通クリアコミックス)
黒龍眼 饗庭淵
KADOKAWA / エンターブレイン 2016-12-15

by G-Tools
 いまいち。第一に絵があまり好みに合わなかった。第二にところかまわずどこでも堂々とエロ行為に及んでいてあまり背徳感が感じられなかった。というか、ここまでやるならとっとと最後までヤっちゃいなよという気が。あえてフェチな行為を追及しているというのもわかるけど、そこまで深いフェチ趣味がない自分にはいまいち理解しがたい行いだった。

ジキルとハイドと裁判員(1) (ビッグコミックス)ジキルとハイドと裁判員(1) (ビッグコミックス)
森田崇 北原雅紀
小学館 2009-04-30

by G-Tools
 いまいち。ジキルの心の変化が急激過ぎて期待していたのとは違っていた。いくら事件の真相がわかるとはいえ裁判の流れを意図的に操作することにもっと苦悩するのかと思っていたら、意外とあっさり尊敬する先輩を敵にまわしてでも自分の正しさを貫くようになってしまって残念。それに一裁判員がこんな露骨に裁判の方向性を誘導してたいして問題にならない(先輩裁判員たちに目をつけられるようになったぐらいか)のもどうなんだという気が。人の心証なんて簡単に流されてしまうものだという問題提起も兼ねているのかもしれないけど。

聖闘士星矢セインティア翔 1 (チャンピオンREDコミックス)聖闘士星矢セインティア翔 1 (チャンピオンREDコミックス)
久織ちまき 車田正美
秋田書店 2013-12-06

by G-Tools
 いまいち。絵はきれいなんだけど主人公の言動が視野が狭く自分の都合ばかり優先させている印象であまり魅力が感じられなかった。それに悪い意味で原作によく似た作風なので主要キャラがすべて女性というだけでこの作品だからこその面白味が見当たらなかった。

戦闘破壊学園ダンゲロス(2) (ヤングマガジンコミックス)戦闘破壊学園ダンゲロス(2) (ヤングマガジンコミックス)
架神恭介 横田卓馬
講談社 2012-11-06

by G-Tools
 ずいぶん前に一巻を読んだときはいまいちな印象だったけど、今なら違った見方ができるのではないかと読んでみたけどやはり合わなかった。ノリがなじめないというか。

ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)ブラッククローバー 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
田畠裕基
集英社 2015-06-18

by G-Tools
 いまいち。ぎゃあぎゃあわめいて勢いで突き進んでいく主人公は正直好みじゃない。それにゲスな敵にわかりやすい主人公の底辺からの成り上がり展開にとどこかで見たようなパターンで新鮮味が感じられない。何巻か続いて世界観が広がってくればこの作品なりの良さが見えてくるのかもしれないけど、そこまでつきあう気になるような魅力が見当たらなかった。

ALL OUT!!(1) (モーニングコミックス)ALL OUT!!(1) (モーニングコミックス)
雨瀬シオリ
講談社 2013-04-26

by G-Tools
 いまいち。第一に絵があまり好みじゃない。第二に主人公が自分の欲求ばかり主張するタイプで好感が持てない。第三に変則的なタックルの練習だけしたらすぐに練習試合でラグビーという競技全体の魅力が伝わってこない。まあ客観的に見ればそこまでいうほど悪い内容ではないのだろうけど、ことごとく自分とは相性が悪かったということかな。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 195 (ジャンプコミックス)こちら葛飾区亀有公園前派出所 195 (ジャンプコミックス)
秋本 治
集英社 2015-06-04

by G-Tools
「初めての試合の巻」「スパイ大作戦の巻」「京都七尾伝説の巻」と両津以外の人物がメインで、話のノリもいつもとは違うエピソードが多く収録されている巻だった。「リボーンサイの巻」はひさびさの部長大激怒オチだけど、コマが小さく部長の格好もありきたりで迫力が全然無いのが残念。「農業ロボット化の巻」はリアルの農業高齢化問題もこんなふうに明るく解決できればいいのになと思う。

八男って、それはないでしょう! 3<八男って、それはないでしょう!> (MFC)八男って、それはないでしょう! 3<八男って、それはないでしょう!> (MFC)
楠本 弘樹 Y.A
KADOKAWA / メディアファクトリー 2016-11-21

by G-Tools
 いまいち。一冊まるまる面倒な貴族関係のしがらみによるごたごたがほとんどでもの足りなかった。もっともこの作品はそのへんが売りらしいので、これが楽しめないようなら合わないということなのかもしれないが。書籍版二巻から登場するという聖女ヒロインもどんなものかと思えば最後にようやくちょこっと出てきただけで残念。