漫画☆☆☆

ここでは、「漫画☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

マイぼーる! 2 (ジェッツコミックス)マイぼーる! 2 (ジェッツコミックス)
いのうえ空
白泉社 2013-06-28

by G-Tools
 チームメイトがそれぞれキャラが立っていて描き分けがしっかりしているのはけっこうなのだけど、そのせいで全体的にはごちゃっとしててわかりづらい印象。最初は主人公周りに焦点を当てて活躍させて、その後から一人か二人ずつチームメイトにもスポットをあてる流れにした方が良かったのでは。

竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
グレゴリウス山田
集英社 2017-01-19

by G-Tools
 微妙。悪くはないが期待したほど面白くもなかった。中世のマイナーな職業や社会制度を題材にしているのはわかるのだけど、こんな魔物や亜人種がいて魔法もありの世界観でこんな職業や社会体制が成り立つものだろうかと引っかかってしまって素直に楽しめなかった。

兄の嫁と暮らしています。 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)兄の嫁と暮らしています。 3巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
くずしろ
スクウェア・エニックス 2017-07-25

by G-Tools
 あいかわらず暗いというかじっとりと悲しみのもやがかかっているような感じというか。最終的にどこに行きつこうとしているのだろう。

シルシア=コード: 1 (REXコミックス)シルシア=コード: 1 (REXコミックス)
大森 葵
一迅社 2016-06-27

by G-Tools
 仮想現実のゲームの世界からログアウトできなくなって、という一言で言ってしまえば『SAO』や『ログホラ』みたいな設定の作品だけどもうちょっとひねってあって、ゲームのキャラの姿で現実世界に投影されているというのが特徴の作品。このためゲームのキャラの姿で学校に通ったりといった日常生活を送っている。その設定はいいのだけど、正直ゲーム世界バトルがやりたいのか奇妙な日常ものがやりたいのかどっちつかずな印象で微妙。主人公のプレイするキャラが謎が多過ぎていくらでも後付けができそうなのもいまいち魅力が弱い原因かな。

夜鳴きのシィレエヌ(1) (ヤングキングコミックス)夜鳴きのシィレエヌ(1) (ヤングキングコミックス)
今村陽子
少年画報社 2016-09-30

by G-Tools
 微妙。絵はきれいなんだけどバトル描写はどうなっているのかわかりづらいところもあったし、設定や世界観もそれほど個性や魅力が感じられなかった。

機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(2) (角川コミックス・エース)機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還(2) (角川コミックス・エース)
Ark Performance 大河原 邦男
KADOKAWA / 角川書店 2013-10-28

by G-Tools
 MSの描写は迫力があって魅力的なんだけどそれ以外の部分はややこしくてよくわからん。そもそも宇宙世紀ものの設定についてもそれほど詳しくないからなおさらなんだろうな。

Ubel Blatt~ユーベルブラット~ 0巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)Ubel Blatt~ユーベルブラット~ 0巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)
塩野干支郎次
スクウェア・エニックス 2005-07-25

by G-Tools
 微妙。つまらないとまでは言わないけど、ここがいいというほどのものも見当たらない。少なくとも今から20巻も追いかけたいと思えるほど引き込まれるものは無かった。

ピーチボーイリバーサイド(1) (月刊少年マガジンコミックス)ピーチボーイリバーサイド(1) (月刊少年マガジンコミックス)
クール教信者 ヨハネ
講談社 2016-02-17

by G-Tools
 微妙。絵はきれいで良かったのだけど迫力不足で盛り上がり不足。鬼が人間にとってどれほど凶悪で恐ろしい存在かもっと掘り下げるべきだったろうし、そんな鬼を楽しんで殺すミコトの怖さももっと強調すべきだったのではないかと。あれだけ姫が旅に出るのを止めようとしていたわりには、あっさり意見を変えて送り出すのもどうなんだという気が。このせいでこの世界の人間が外の魔物の脅威についてどう考えているのかよくわからなくなってしまった。亜人を忌み嫌うのもちょっと一イベントあったらあっさり手のひらを返す人間ばかりでお手軽過ぎて逆にしらける。

民法改正~日本は一夫多妻制になった~ 2 (ヤングアニマルコミックス)民法改正~日本は一夫多妻制になった~ 2 (ヤングアニマルコミックス)
竹内桜 あかほりさとる
白泉社 2016-07-29

by G-Tools
 1巻を読んだ時点で予想できたけどH描写は省略するのね。青年誌作品なんだからスキップしなくてもいいと思うのだけどな。それに夫婦生活を描くならそのへんの要素も重要なのでは。

ちおちゃんの通学路 3 (コミックフラッパー)ちおちゃんの通学路 3 (コミックフラッパー)
川崎 直孝
KADOKAWA / メディアファクトリー 2015-09-19

by G-Tools
 巻末の風紀委員センパイの話が普通にいい話で驚いた。

ちおちゃんの通学路 4 (コミックフラッパー)ちおちゃんの通学路 4 (コミックフラッパー)
川崎 直孝
KADOKAWA / メディアファクトリー 2016-03-23

by G-Tools
 4巻目にしてついに眼鏡の下のちよちゃんの素顔が明らかに! いや、そんなたいそうな話じゃないけど。

恋と嘘(1) (マンガボックスコミックス)恋と嘘(1) (マンガボックスコミックス)
ムサヲ
講談社 2015-01-09

by G-Tools
 微妙。高崎さんが何を考えているのかよくわからないな。あと主人公にそれほど魅力が感じられない。

パラレルパラダイス(1) (ヤンマガKCスペシャル)パラレルパラダイス(1) (ヤンマガKCスペシャル)
岡本 倫
講談社 2017-08-04

by G-Tools
 微妙。「異世界トリップ」「エロ」という売れ筋に特化したような作品だけど、エロに関してはほとんどギャグみたいなものでエロさを感じないし、異世界ものというには少なくとも現時点では世界観にそれほど深みがない。まだ一巻目なのでこれからなのかもしれないけど、なんだかわかりやすく読者ウケを狙おうとして逆にこの作者に求められているのとは違うあさっての方向に行ってしまった感じ。