漫画☆☆☆☆

ここでは、「漫画☆☆☆☆」 に関する記事を紹介しています。

ORIGIN(1) (ヤングマガジンコミックス)ORIGIN(1) (ヤングマガジンコミックス)
Boichi
講談社 2017-01-06

by G-Tools
 まあまあ。絵がすっげえ濃くて迫力があるのだけど、たまに入る妙なギャグ描写のノリが『Dr.STONE』と通じるものがある気がする。緒戦から大ピンチだけど、ここからどう続けていくのだろう。

私と彼女のお泊まり映画 2巻 (バンチコミックス)私と彼女のお泊まり映画 2巻 (バンチコミックス)
安田剛助
新潮社 2017-08-09

by G-Tools
 一巻にくらべて百合度が増した気が。具体的に何か進展があったわけではないけど、この調子だとくっつくのはそう遠い話じゃなさそう。反して映画の評価は今回もあっさりめ。このへんは一巻からこんなものだったけど、今回は気になっている『キングスマン』も入っていたわりにあっさりだったのはちょっと残念。『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』『THE 有頂天ホテル』『ロッキー』は観てみたくなった。ハリー・ポッターは一作目を観ただけで他は観てないし原作も読んでないけど、本当に四作目からでも大丈夫なんだろうか。

轟世剣ダイソード 3巻轟世剣ダイソード 3巻
長谷川裕一
Benjanet 2014-07-08

by G-Tools
 召喚可能回数残り一回で話がもつのかと思ったが意外となんとかなるものだなあ。てっきり考えなしに残り一回をあっさり使っちゃって、その後何らかの理由で復活して今度は回数制限なしになるとかそんなパターンだと思ってたわ。

轟世剣ダイソード 4巻轟世剣ダイソード 4巻
長谷川裕一
Benjanet 2014-07-08

by G-Tools
 三人もヒロインがいてどうなるかと思ったけど最終的にはこうなったか。いっそのこと開き直って三人とも必要なんだ! エンドでも良かったと思うのだけどなあ。バトルは最後まで何が起こっているのかわかりづらい作品だった。しかし最終的に「武器に変形できるロボット」「心でつかむ」という設定がいかされていたのはナイス。

東京No Vacancy 2 (楽園コミックス)東京No Vacancy 2 (楽園コミックス)
犬上すくね
白泉社 2017-12-22

by G-Tools
 一冊完結の単発作品だと思っていたらまさか続きが出るとはびっくり。そして今回登場のヒロイン4人中2人が女子高生でまたびっくり。女子高生組はHなしでその分大人組にがんばってもらったとのことだけど、大人組の描写もべつにそれほど濃くなかった気が。あと大人2人の内1人は1巻登場ヒロインの再登場だという。このヒロインはまた出てきてほしいなと思っていたから、また出てきて、しかも今後も出番がありそうで良かったけどね。

シネマこんぷれっくす!(1) (ドラゴンコミックスエイジ)シネマこんぷれっくす!(1) (ドラゴンコミックスエイジ)
ビリー
KADOKAWA / 富士見書房 2017-12-09

by G-Tools
 まあまあ。最初は絵がごちゃっとしてて読みづらい印象だったし、期待したほど映画の内容について触れていないので元ネタの知識がある程度必要な作風だったけど、読み進めていくうちにいつの間にかノリのいいやりとりが笑えて楽しめるようになっていたし、作中で名前のあがった作品のうちの何本かも見てみたいと思えた。

超人ロック 風の抱擁(7) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(7) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2014-06-30

by G-Tools
 シリーズ最長のエピソードであれだけ大変な事件だったわりには最後はあっけなかったな。まあこのエピソードはロックとミラの気持ちが通じ合うまでを描いたもので、あとはおまけということか。ここまで描いたということはもう今後ミラがメインになるエピソードはないのだろうなと思うとちょっと寂しい。いやまあ、歴代のヒロインにくらべれば十分破格の扱いなんだけどさ。

超人ロック 風の抱擁(4) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(4) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2012-12-27

by G-Tools
 前半はロック救出のためまわりの人物ががんばる流れ。アイザックとその奥さんがいいキャラしているなあ。この二人の過去のエピソードも読みたくなってきた。ところで作中に「第二段階」という用語が出てきたけど、ふと考えてみると前巻のラストでロックは命の危機に陥ったはずなのになぜ第二段階が発動しなかったのだろう? 長年の経験でロックも多少なりとも第二段階が制御できるようになっててミラのために発動させなかったとかかね? ジャック・メレーはロックを殺したいなら玉座に捕らえないで、頭を吹っ飛ばすなり身体を粉々にするなりすれば良かったのでは。

超人ロック 風の抱擁(5) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(5) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2013-07-30

by G-Tools
『ZZ』のプルを思い出す。ロックは指名手配されているのになぜマトリクス操作で別人の姿にならなかったのだろう。好意的に解釈するならば「愛するミラが記憶を失ってロックを忘れているような状況なのだから早く記憶を取り戻してもらうためにもロック本来の姿のままでいた」と考えることもできるけど、単なるいつものうっかりの可能性の方が高く思える(笑)

超人ロック 風の抱擁(6) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(6) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2013-12-27

by G-Tools
 ここにきてロックとミラのロマンス描写が濃くなった気が。今回の事件はやたらと厳しいけど、メタ的に見ればこれってつまりなかなか己の恋愛感情にストレートになれないロックとミラの背中を後押しをするための事件なわけね。

犬神さんと猫山さん: 6 (百合姫コミックス)犬神さんと猫山さん: 6 (百合姫コミックス)
くずしろ
一迅社 2017-08-03

by G-Tools
 ええっ、完結? 一旦お別れ? ナンデ!? 4巻のラストから引っぱった大神さんの伏線もどうということのないまま消化してしまったし、前巻から目立ってきた相馬さんの闇要素は放置のままだし。典型的なタイトルコールをすればきれいっぽく見えるという終わり方だなあ。しかもタイトルコールへの流れも強引であまり上手くないし。まとめ。消化不良な終わり方だったし、そもそもタイトルの犬神さんと猫山さんの二人よりもサブキャラの方が目立っていて方向性がブレ気味な作品だったけど、なんだかんだで気軽にそこそこ楽しめる百合コメディだった。

超人ロック 風の抱擁(2) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(2) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2014-11-14

by G-Tools
 スパイや犯罪者の動きがどうのこうのよりもミラのストレスの問題の方が大きい感じ。やはりこの手の超便利な能力とか強大な力を持っていることは周囲にばれないよう秘密にするべきだな。ロックは周りからミラとのつきあい方について問題を指摘されるけど、今までだと好意を向けられてもむしろ避けていたのになぜ今回のミラに限っては自分から近づこうとするのか、読者側から見てもいまいちよくわからん。

超人ロック 風の抱擁(3) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(3) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2014-11-14

by G-Tools
 ミラの扱いがひどくて気分が悪い。ストレスがたまる。こういう理不尽な扱いを超人パワーでぶっとばすのが醍醐味と言いたいところだけど、ロックさんは律儀に毎回毎回ピンチに陥ってくれるから俺TUEEE展開には向いていなくて困る。まあ、ろくでもない連中ばかりでなく良識的な人物もいることが描かれているのが癒し。

犬神さんと猫山さん: 5 (百合姫コミックス)犬神さんと猫山さん: 5 (百合姫コミックス)
くずしろ
一迅社 2016-06-18

by G-Tools
『姫のためなら死ねる』でもあったことだけど絵が急激に変わってとまどう。話の方は恋心に悩む猫山さんにはそれなりに焦点が当たるけど、犬神さんはあまり葛藤を抱えることが無いからほんと出番が少ないな。あと相馬さん関連でちらほらブラックな雰囲気が出てきた気が。

超人ロック 風の抱擁(1) (ヤングキングコミックス)超人ロック 風の抱擁(1) (ヤングキングコミックス)
聖悠紀
少年画報社 2014-11-14

by G-Tools
 ミラの最晩年の話……と思っていたら過去回想がほとんどで『星辰の門』直後ぐらいのエピソードがメインだった。これがどうつながるのだろう。やはり今回のラストに出てきたアレが関わってくるのかね。

超人ロック 久遠の瞳 1 Locke The Superman Eternal Eyes 1 (コミックフラッパー)超人ロック 久遠の瞳 1 Locke The Superman Eternal Eyes 1 (コミックフラッパー)
聖 悠紀
KADOKAWA / メディアファクトリー 2013-04-05

by G-Tools
 ミラ関連のエピソードのはずなのにミラが出てこない? ……と思ったらちゃんと出てきてたのか。『カデット』や『星辰の門』からずいぶん時間が流れたな。昔は世間知らずのドジな娘っ子という感じだったのにすっかりそんな印象は薄れちゃって。それはそれとして今回の事件は「針」の技術を応用した超小型爆弾の話なんだけど、銃弾すら感知してガードできるのにこの小型爆弾がとんでくるのをガードできないものなんだろうか。